読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

次世代決済インフラがどのように変化するのか見えないがビッグバンが待っている

晴樹です、理由は中継銀行の処理期間が不明だから。
こうして合計すれば1万円を送るのにほとんど同額が手数料で消える計算だ。
海外から出稼ぎにくる労働者は本国に少額送金する場合も多い。
最低賃金なら12時間分に相当する手数料への不満は強い。
国際送金を取り巻く状況が激変する可能性も出ている。
金融にITを活用したフィンテックの登場だ。
企業が相次ぎ国際送金の格安サービスを提供し、1 万円の送金なら500円程度の手数料で済むと表示するサービスもある。
仮想通貨などの心臓部にあたるブロックチェーンという最新技術を使った安価な送金サービスも普及しそうで、住信SBIネット銀行横浜銀行が他の地銀を巻き込んで新たな決済網を作ろうとしている。
送金コストを10分の1程度まで下げられるとみる。
既得権益層の大手金融もライバルの出現に重い腰を上げつつある。
三菱UFJフィナンシャル・グループは仮想通貨取引所の米コインベースと組み、銀行間の決済の心臓部ともいえる国際銀行間通信協会を通さなくても海外送金が可能になる研究開発に着手した。
そのスイフトも70行以上の大手金融機関との送金サービスを刷新すると表明し、2017年初めから具体化に動く。
目 玉は即日決済と手数料の相互開示だ。
スイフトをいまや高くて遅い決済のレガシーと見る向きさえあり、新興勢力台頭への焦りは濃い。
スイフトはブロックチェーンの活用を模索し、国際的なブロックチェーンの連合体にも参加した。
次世代決済インフラがどのように変化するのか見えないが、フィンテック登場で旧態依然とした海外送金業務にもビッグバンが待っているかもしれない。
気になるキーワード「アトケアプロ」についての情報です。
アトケアプロ
蜂の場合、行動範囲がありますので、一般的な行動半径である少なくとも5kmが所有地である事が求められます。
また、周辺の環境にも条件があります。
養蜂場から30km以内に化学工場が無いということも求められます。
オーガニックの植物を育てるときと同じように、無農薬の土地であることも求められます。
3年以上無農薬の土地であることが必要です。
外部からの影響が出ないように、水にも条件があります。
湧き水や井戸があって、川が外部から流れ込んでいないという事も求められます。
そんな様々な条件を満たしたブラジルのオーガニック養蜂園で、こだわりの管理のもとに生産された原料のみがアトケアプロに使われているのです。

東芝ショックは初心に立ち戻る機会かもしれない。

晴樹です、東芝株への証券アナリストの投資判断は、27日の直前まで13人中9人が強気の評価。
株価はアナリストの1株利益予想の平均値が切り上げるにつれ上昇し、年初から2倍近くになっていた。
大株主データには有力投資家の名が並ぶ。
実質的な筆頭株主とみら れる米キャピタル・リサーチは徹底的な企業分析と成長株投資に定評のある運用会社だ。
11月30日時点の大量保有報告を出したばかり。
個別銘柄についてコメントはできないと口を閉ざす。
そもそも東芝は長期投資の対象として適切だったのか。
東証から特設注意市場銘柄に指定され、内部管理体制の不備が指摘されていた。
原発事業のリスクや脆弱な財務体質なども周知の事実だ。
国内運用会社のファンドマネジャーは11月の社内会議を振り返る。
会計不祥事後に保有ゼロにしていた東芝株の扱いが議題になった。
一部の運用者が突然、半導体需要の伸びが期待できると投資再開を提案してきたという。
当時はトランプ相場真っ盛りで、訳ありの出遅れ銘柄が一斉に買い戻されていた。
有 望銘柄に選別投資するアクティブファンドの運用者は、持たない銘柄ばかりが上がる苦しい展開に陥った。
市場平均に負けないよう東芝にひかれる気持ちも分かると別のファンドマネジャーは話す。
日経平均株価は依然、5年連続上昇を視野に入れる。
米大統領選などの雑音に一喜一憂せず、有望株に愚直に投資すれば、それなりの成績が出た年だった。
米RMBキャピタルの細水政和・日本株式投資部長は自戒を込めつつ、波乱の16年相場を振り返る。
負の面を無視するいいとこ取り相場に浮かれ、投資家はリスクを取り過ぎていなかったか。
東芝ショックは初心に立ち戻る機会かもしれない。

店舗網は差別化ができる。

晴樹です、日系旅行会社は訪日客を取り込めていますか。
ごく一部にすぎません。
各社は現地旅行会社からの依頼で日本の宿や交通機関を手配したり、サイトで直販したりしている。
ただ世界の有力予約サイトや、旅行会社の依頼で宿やバス、ガイドなどの手配を代行するランドオペレーターの存在感が大きい。
オンライン系旅行会社の台頭は脅威ですか。
店舗型の旅行会社抜きでスマートフォンで予約できる時代だ。
個人旅行では大手旅行予約サイトのブッキング・ドット・コム やエクスペディアなどで宿泊施設を押さえ、航空会社サイトで座席を取れる。
我々もネット予約システムの拡充など対応が急務だ。
当社は中国の旅行サイトと訪日客の獲得へ合弁会社を設立するなどオンライン系とも手を組む。
海外企業の買収や提携を加速させる。
店舗は困りごとや災害時の対応に活用していく。
ランドオペレーターは国が規制を検討中です。
開業が自由なので乱立し、割高な土産物屋や質の低い料理店を連れ回す悪質業者もあり、日本の印象を損ねている。
過度の規制はよくないが、登録など最低限のルールは必要だ。
政府の訪日客数目標は30年には6千万人です。
相当難しい数字だ。
空港・宿泊施設の一層の整備や多言語対応などが必要だ。
ビザの免除や発給の要 件緩和、期間短縮も大切だ。
宿泊施設の生産性向上にも取り組みたい。
子会社のハウステンボスが運営する変なホテルはロボット導入で少人数運営を実現した。
オンライン予約が広がり、既存の旅行大手は素通りされることへの危機感が強い。
ただ、オンライン系との違いを出すうえで、店舗網は差別化ができる。
困りごとや緊急の際に店舗を活用してきめ細かく対応できれば安心感を提供できる。
最後は新着情報「バタフライアブス」に関して。
バタフライアブス
本体は、薄くて軽量なので、家や事務所にいる時以外でも、通勤中や会議中に装着していても周囲にばれる事はないでしょう。
私は、週に1度、ジムへ通いランニングやエアロビクスをやっていたことがあります。
もちろん目的はダイエットです。
元々、筋肉がなかなかつかない体質なため、筋肉トレーニングを長く続けたとしても少ししか効果が出ず、そして、残念な事にわずかについたその筋肉ですら、すぐに落ちてしまっていたのです。

誕生する子どもの数が減り続ける一方の日本。

晴樹です、15年度の生活保護世帯は160万強。
世帯主が65歳未満なのは約74万だった。
このうち約54万世帯は働いて収入を得ている人が誰もいない。
様々な事情で働きたくても働けない人がいる。
弱者を支えるのが安心網の重要な役割だ。
しかし見方によっては約54万人の潜在就業者がいると捉えることもできそうだ。
取材班の推計では団塊の世代が80代になる30年には65歳以上の高齢者1人を1.65人で支えることになる。
現役世代の負担は増すばかりだ。
支えられる側から支える側へ、1人でも多くの人が回らないと社会保障は立ちゆかなくなる 。
スウェーデン生活保護は極力やらない。
働かない人はサポートを受けないという基本理念がある。
日本総合研究所の湯元健治副理事長の解説だ。
福祉国家スウェーデン
実は経済の活力を損なわないように社会保障給付の一部を厳しく制限する。
働くことを前提とする姿勢はワーク・ファースト・プリンシプルと呼ばれるそうだ。
失業期間が長くなるほど失業保険はどんどん減る。
働かない人は老後の備えも細ってしまう。
その代わり、働く意思がある人は国が徹底的に背中を押す。
北欧流と重なる試みがあると聞いて北海道当別町を訪ねた。
北海道医療大学構内のカフェ。
泡立てたミルクで絵を描くラテアートで人気の東京・渋谷のカフェが社会福祉法人とともに出店した 。
好きな絵でお客さんが喜ぶのがうれしい。
ラテアート担当の田村準起さんは知的障害を持つが、小さな頃から絵が得意。
掃除をするのも会議室にコーヒーを運ぶのも障害を持つ従業員だ。
誕生する子どもの数が減り続け、将来の支え手が細る一方の日本。

迷路を進んでいってゴールまでの時間を競う。

晴樹です、オフ会は女性の姿も目立った。
栃木県日光市に住む女性たかさんは調子が悪くなったロビを持ち込んだ。
詳しい方がいると聞いて修理してもらいに来ました。
たかさんも初心者。
プラモデルも作れないけど、かわいい見た目がどうしても忘れられなかったと、夫に気づかれ ないよう1年半かけてロビを完成させた。
動いた瞬間、もううれしくて。
子どもみたいにかわいいんですと完成した瞬間の感動を話す。
ロビは2013年に初版が発売され、3版まで出た。
1体作るのに約15万円かかるが現在、国内には12万体が存在しているという。
女性の購入者が3割以上で、60~70代の購入者も多い。
次のヒト型ロボットを企画中で、来年早々にも発売する予定だ。
子どもたちの間でもロボット製作が広がっている。
教育サービスを手掛けるヒューマンアカデミーではロボット教室が好評。
授業でブロックを用いてロボットを組み立てる。
入会時の諸費用が3万8500円。
毎月の授業料が9500円。
全国930教室で生徒数は1万人を超える。
せんせーい!できたから動かした い!。
同社の東雲教室で、保育園年長から小学2年生の男の子4人が製作に励む。
説明書を見ながら、モーターやブロックを組み立てる。
生徒の斎藤聖人君は一発で動かせたら楽しいと話す。
母親の仁美さんは教室の日は家に帰るとロボの説明が始まると話す。
講師の諸葛正弥さんは親子講座ではお父さんの方が熱くなることもあると語る。
高度なロボット製作に挑戦する人も現れ始めた。
11月、東京都日野市の明星大学で開かれたロボット競技会マイクロマウス。
プログラミングで自動制御した小型ロボットが迷路を進んでいってゴールまでの時間を競う。
最後は新着情報「プログラマー」に関して。
プログラマー
今どきは、情報自体はネット上でも多くのことを得ることができるので、家で学習できます。
プログラマーの勉強は、特に個人で勉強しやすいというメリットがあります。
このことは、学校などに行って学ぶにしても、自分で勉強するという姿勢は非常に重要になります。 全部、人が教えてくるというものではありませんからね。

金融政策がなかなか効かず物価も上がらない。

晴樹です、正常な経済状態の下での金融政策は金利政策である。
ゼロ金利の下で、金融政策はいかにしてその有効性を確保するのか。
名目金利にはマイナスの下限があるにしても、企業・家計の経済行動に影響を与えるのは実質金利だ。
黒田日銀の金融緩和は実質金利を押し下げることを起点とするというのが日銀の公式見解である。
実質金利は名目金利から期待インフレ率を引いたもの だから、名目金利が下がらなくてもインフレ期待が上がれば実質金利は下がる。
期待インフレは物価の変化に関する期待だから当然、物価がどのように決まるのかが最大の問題だ。
貨幣数量が増えれば物価は必ず上がるというリフレ派の考え方の基礎にあるのは貨幣数量説だ。
デフレは貨幣が十分に供給されていないから起きる。
実際、貨幣数量説による限り、貨幣数量の増加がデフレを止める唯一の方策だ。
貨幣数量説の論理はリフレ派が口にする以上に強力だ。
9月21日の日銀による総括的な検証は、物価が当初予期したように上がらなかった一因として、14年夏以降の原油価格の下落を挙げた。
しかし現代の貨幣数量説のチャンピオンであった米経済学者のミルトン・フリードマンは、一般 物価の動向は原油価格に影響を受けるものではなく、あくまでも貨幣数量で決まると力説していた。
経済が長期停滞に陥り潜在成長率が下がったため、金融政策がなかなか効かない。
その結果、物価も上がらない。
貨幣数量説の立場からはこれも誤りだ。
物価は実質成長率で決まるものではなく、あくまでも貨幣数量で決まるからだ。
これが貨幣数量説である。

新工場がグローバル戦略に大きく貢献する拠点になる。

晴樹です、古い滋賀工場近くの所有地に建てる。
18年8月に第1期工事を終え、一部操業を始める。
滋賀工場は具材専用に転換。即席麺の国内生産能力全体は1割増となる。
食品の国内需要は飽和したとの指摘が多いなかでの大型投資。
背中を押したのは今年に入ってからの成功体験だ。
カップヌードルの肉具材を増やした謎肉祭や10分どん兵衛……。
短文投稿サイトツイッターで戦略 商品を宣伝すると若年層が飛びついた。
4月にシニア層を狙って発売したリッチは計画比2倍の売れ行きだ。
17年3月期は売上高が2年連続で過去最高になる見込みだ。
徳隆氏は人口が減っても、話題をつくり、商品価値を上げれば即席麺需要は伸びると断言する。
日本即席食品工業協会によると、15年の即席麺の国内生産量は約56億4500万食と12年比で3%増。
新工場をバネに現状4割の国内シェアの引き上げも狙う。
新工場は技術を世界に発信するマザー工場の役割も担う。
宏基氏は常に国内外ともに人が足りないと語り、大幅な効率改善を現場に求めていた。
今回は完全自動の搬入装置や検査用カメラを導入。
各設備をネットでつなぎ指令室から一括して指示を送る。
新工場の人員は約 350人と、滋賀工場の半数に抑えられる。
新しい生産技術は海外に移していく。
日清は海外商品の味を現地の食文化に合わせてきたが、今年から日本のシーフードヌードルを世界共通商品と位置づけた。
日本の味が海外で支持されているからだ。
新工場がマザー機能を発揮すれば、海外でも同じ品質と効率でつくれるようになる。
世界共通商品を増やして海外市場を開拓する日清のグローバル戦略に大きく貢献する拠点になる。
本日のお勧めサイトのご紹介です。
協栄ジムサウナスーツの【超激安情報】はこちらです。
http://www.xn--gck3aig9c8a5kmjl440afi0b.com/
ドリンクホルダーに関しては500mlのペットボトルでも簡単に持ち運びができる仕様となっていて、肩・正面・ウエストにかけて運動の妨げにならずに使えるので、水分補給が欠かせない運動中に便利なアイテムという事で協栄ジム所属のプロボクサーも愛用しているアイテムです。
加えて、このドリンクホルダーはペットボトルだけではなく小物入れとしても使い勝手が良いですし、長さの調節も自由なので好きな形で使う事ができます。
こういった内容となっている協栄ジム50周年記念モデルのサウナスーツ豪華3点セットですが、ダイエット・減量に取り組む方には非常に役立つセット内容と言えるでしょう。
以上、「サウナスーツ」に関する情報でした。

単純なアナロジーには漏れがあるのではないか

晴樹です、愚者は経験に学び、賢者は歴史に学ぶとはドイツの鉄血宰相ビスマルクの言葉とされる。
過去の失敗を追体験することで、いまの政治へのヒントを得ようと野党も動く。
10月27日、民進党は国会内で近現代史研究会を開いた。
研究会は民主党時代の2005年から続いており、蓮舫氏が代表になってからは初めて 。
学校で学ぶような歴史ではなく、政治家として、その歴史から何を学ばなければならないか。
蓮舫代表はあいさつで、歴史から学ぶ意義を説いた。
安倍政権への対立軸を打ち出すための理論武装にもなる。
研究会の座長を務める藤井裕久財務相は、安倍晋三首相の歴史観だけでなく経済政策にも批判の矛先を向け、行き過ぎた金融緩和に警鐘を鳴らす。
憲法の制定過程については平和憲法押し付け憲法ではなく、幣原喜重郎首相らがつくり上げた概念だと主張。
自民党に根強い押し付け憲法論をけん制する。
失敗の本質は失敗の要因の一つとしてあいまいな戦略目的も挙げた。
著者の一人の戸部教授は3年3カ月で終わった民主党政権の失敗の本質について自分たちが何をすべきか、ど んな国家をつくるべきか。
戦略目的以前にミッションがなかった。
まず政権を取ることだけに集中してしまったと分析する。
今も蓮舫代表がめざす国家の全体像はよく見えず、ミッションはあいまいだ。
英国の歴史家E・H・カーは歴史とは現在と過去との尽きることを知らぬ対話と表現した。
現在と過去の似ている点を見いだそうとすると、何かが浮かび上がる。
だが、似ている現象をそのまま今への教訓と受け止められるのか。
現象はいろいろな要素が絡み合っている。
単純なアナロジーには漏れがあるのではないか。

適正に資産配分をするには年齢によって変わるという見方もある。

晴樹です、相関係数がプラス1なら2つの資産の値動きはまったく同じであることを示し、分散投資の効果はない。
一定のリターンを目指しつつできるだけリスクを抑えるには相関係数がゼロに近かったり、ややマイナスになったりする資産の組み合わせにお金を配分すればいいとされている。
ところが相関係数は相場をどれくらいさかのぼって計算する かで数値がぶれやすい。
三菱UFJ信託銀行によると、過去20年のデータで計算すると日本株と外国債券の相関係数は0.26だが、各時点の過去3年分でみると08年のリーマン・ショック前後に相関係数は大きく上昇し、その後は高止まりしている。
リーマン・ショック後の円高局面で日本株が売られるとともに外国債券も円換算で下落し、その後の円安局面では日本株と円換算の外国債券ともに値上がりしたためだ。
これを一時的な動きとみるか、長期的な傾向の変化とみるかで最適な資産配分は変わる。
マーコビッツ理論は万能ではないことを知っておこう。
さらに三菱UFJマネックスのロボアドの助言から資産配分でのリスクの取り方を考えてみる。
資産全体のリスクはいずれも約15%だが、マ ネックスのMSVは通貨別にみると外貨建ての比率が76%と高く、海外投資のリスクを多く取っている。
ただし資産別でみると株式は国内外合計で50%と、値動きが安定している債券の40%と大きくは変わらない。
一方、三菱UFJは外貨と円建ての比率はほぼ半々だが、資産別では株式が国内外合計で60%と、債券の9%を大幅に上回る。
適正に資産配分をするには年齢によって変わるという見方もある。
気になるFavoritesサイト「すっぴん 化粧品」にかんする情報です。
あきゅらいず|初回限定価格セット
http://www.xn--l8je0a5cvmya66a8b2b5681d4yfj1pg4oww5bmpyk.net/
水抽出法という薬剤を使わないこだわりの製法で、10種類の東洋ハーブをじっくり丁寧に抽出しています。
「草根木皮たまり」をぎゅっと詰め込んだ豊かな泡立ちは、うっとり! さっぱり!……って感じです。
もちもち泡のキメ細かさとふっくら感、洗い上がりのすっきり&ぴかぴか感、そして不思議なしっとり感をご体験下さい。

フィットから導出したSUVヴェゼルとX R―Vが去年から好評になっている。

晴樹です、けん引役はシビックや、多目的スポーツ車CR―Vなどのグローバルモデルだ。
ホンダの幹となる車。
これを強くする。
昨年6月に就任した八郷隆弘社長はこう語る。
グローバルモデルは最大市場のニーズを優先して開発する。
シビックは米国だ。
旧型はデザインが酷評されたが、新型は米国で売れ筋のスポーティーな外観にして個性が強い車に仕立て直した。
シビック効果で16年4~6月期の北米の営業利益は1712億円と前年同期比57%増えた。
中国や東南アジアでもヒットしたのは車の本質的な商品力を磨いた成果と八郷社長は胸を張る。
少数のグローバルモデルで稼ぐ手法は、かつてホンダのお家芸だった。
変化したのが12年秋。
世界販売の倍増計画を打ち出し、欧米や国内、中国など世界6極で開発から生産、販売を一貫してできる体制にした。
戦略は裏目に出る。
各地域が独断専 行し、世界で通用する車より地域モデルばかり増えていった。
世界各地で地域モデルの開発を急いだ結果、現場に負担がかかり、主力車フィットの大規模リコールも招いた。
開発の原点回帰はこうした過去の教訓が背景にある。
車の稼ぐ力を示す1台当たり営業利益は、前期に約7万円と日本車7社で6位に沈んだ。
前期はタカタ製エアバッグ問題など品質関連費用も響いた。
それが16年4~6月期は円高の逆風下で約19万円に増え、富士重工業トヨタに次ぐ3位に浮上した。
今後はグローバルモデルの強化を通じ、経営資源を効率的に配分する。
グローバルモデルを基に地域モデルを開発する新しい流れを起こす。
成功例は中国だ。
中国ではフィットから導出したSUVヴェゼルとX R―Vが去年から好評になっている。