読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

医薬品大手ではワールドワイド規模で大型M&Aが盛んだ。

和光は研究用試薬の国内最大手で、2015年度の売上高は約800億円。
難病治療のカギを握る胚性幹細胞やiPS細胞の培養に使う試薬など有望技術を持っており、医療事業の強化を狙う企業や海外投資ファンドなどが関心を寄せていた。
富士フイルムは既に和光株の10%弱を持つ第2位株主。
武田は提示額に加え、富士フイルムと和光が技術協力したり、医薬品の販路を相互利用したりすることなどで相乗効果を引き出しやすいと判断した。
富士フイルムはX線画像診断装置や内視鏡など医療機器に強みを発揮してきたが、中堅製薬会社の富山化学工業や米再生医療ベンチャーを相次ぎ買収するなど医療分野の事業領域を広げている。
今回の買収で和光の ノウハウを生かした創薬やがん診断、新興国の検査薬市場開拓も進められるとみている。
主力の事務機やデジタルカメラは市場成長が見込みにくい。
富士フイルムのヘルスケア部門の売上高は約4200億円で全体の2割近くを占める。
今春、東芝メディカルシステムズの買収戦でキヤノンに競り負けたが、1兆円事業をめざしてM&Aの新たな機会を狙っていた。
大型新薬開発への回帰を進める武田は非中核事業を見直し、事業選別を急いでいる。
現在カナダ製薬大手の胃腸薬事業を巡り1兆円規模の買収交渉を進めている。
15年末には英製薬大手への呼吸器薬事業売却を決めた。
売却で得た資金を有望な候補薬を持つ企業の買収や研究開発に充てる。
医薬品大手ではワールドワイド規模で大型M&Aが盛んだ。
米医薬大手ファイザーは8月、米バイオ医薬大手を買収すると発表。
がん治療薬に集中するため140億ドルを投じる。
レコメンド・メッセージです!
韓国でのwifi、エクスモバイルは高速データ商品に強い通信会社『LGU+』韓国用4G/LTE対応機種のレンタルWiFiです。
操作できるボタンは電源ボタンのみ。
触れるところが他にないので使い方で迷うことはない。
韓国 wifi