読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

次世代決済インフラがどのように変化するのか見えないがビッグバンが待っている

晴樹です、理由は中継銀行の処理期間が不明だから。
こうして合計すれば1万円を送るのにほとんど同額が手数料で消える計算だ。
海外から出稼ぎにくる労働者は本国に少額送金する場合も多い。
最低賃金なら12時間分に相当する手数料への不満は強い。
国際送金を取り巻く状況が激変する可能性も出ている。
金融にITを活用したフィンテックの登場だ。
企業が相次ぎ国際送金の格安サービスを提供し、1 万円の送金なら500円程度の手数料で済むと表示するサービスもある。
仮想通貨などの心臓部にあたるブロックチェーンという最新技術を使った安価な送金サービスも普及しそうで、住信SBIネット銀行横浜銀行が他の地銀を巻き込んで新たな決済網を作ろうとしている。
送金コストを10分の1程度まで下げられるとみる。
既得権益層の大手金融もライバルの出現に重い腰を上げつつある。
三菱UFJフィナンシャル・グループは仮想通貨取引所の米コインベースと組み、銀行間の決済の心臓部ともいえる国際銀行間通信協会を通さなくても海外送金が可能になる研究開発に着手した。
そのスイフトも70行以上の大手金融機関との送金サービスを刷新すると表明し、2017年初めから具体化に動く。
目 玉は即日決済と手数料の相互開示だ。
スイフトをいまや高くて遅い決済のレガシーと見る向きさえあり、新興勢力台頭への焦りは濃い。
スイフトはブロックチェーンの活用を模索し、国際的なブロックチェーンの連合体にも参加した。
次世代決済インフラがどのように変化するのか見えないが、フィンテック登場で旧態依然とした海外送金業務にもビッグバンが待っているかもしれない。
気になるキーワード「アトケアプロ」についての情報です。
アトケアプロ
蜂の場合、行動範囲がありますので、一般的な行動半径である少なくとも5kmが所有地である事が求められます。
また、周辺の環境にも条件があります。
養蜂場から30km以内に化学工場が無いということも求められます。
オーガニックの植物を育てるときと同じように、無農薬の土地であることも求められます。
3年以上無農薬の土地であることが必要です。
外部からの影響が出ないように、水にも条件があります。
湧き水や井戸があって、川が外部から流れ込んでいないという事も求められます。
そんな様々な条件を満たしたブラジルのオーガニック養蜂園で、こだわりの管理のもとに生産された原料のみがアトケアプロに使われているのです。